スワップ運用

2019/04/11

スワップ運用 メキシコペソ円 8日目

先週からはじめたメキシコペソ円のスワップ運用ですが、8日目で利確しました。


関連記事


最終的なトレード結果は以下のとおりです。

Clipboard01


相場の状況次第ではありますが、圧倒的に為替差益のほうが大きい結果になりました。

今回は乗ったポイントが良かったので順調に伸びましたが、もみ合いになっていれば保有期間も長くなり、スワップポイントのありがたみをもっと実感できたのかなと思っています。

もちろん、スワップポイントでカバーできないほど為替差損が生じるリスクもあり、リスクとリターンの大きさを考えると、今後も積極的に運用するかどうかは悩みどころですね。

ただ、日々スワップポイントが多くつくのが楽しみだったので、今後チャンスが来れば再エントリーするかもしれません。

あと、私が使ったSBI証券はメキシコペソ円のスプレッドが3.8銭と広かったのが厳しかったです。そんなにボラが大きくなかったので。

下に広告を貼りましたが、少し調べたところではセントラル短資FXやヒロセ通商のスプレッドは狭いようですので、次回やる際は高金利通貨取引に強みを持つブローカーに口座を開設して運用したいですね。スワップポイントも高くて有利ですし。

念のため、ブローカーの調査は進めておこうと思います。

FXダイレクトプラス

FX取引ならヒロセ通商へ


★応援をお願いいたします!

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ




box_trading at 23:18|PermalinkComments(0)

2019/04/06

スワップ運用 メキシコペソ円 4日目

今週からメキシコペソ円のスワップ運用をはじめました。

不労所得を得る手段をいくつか持っておきたくて、スワップ運用がそのひとつになるのかどうか試してみるためです。

スワップ運用の対象になる高金利通貨の代表格といえば、トルコリラ、南アフリカランド、メキシコペソ。通貨を選ぶにあたり、次の4点を考慮しました。

①スワップポイント
②変動率
③インフレ率
④信用格付け(S&P BBB-以上、フィッチ BBB-以上、ムーディーズ Baa3以上)

表にまとめるとこのようになります。
トルコリラ南アランドメキシコペソ
週間スワップポイント705720630
週間変動率8.93%3.02%2.64%
インフレ率19.714.13.94
信用格付S&PBBBBB-BBB+
フィッチBBB-BBBBBB+
ムーディーズBaa3Baa2A3
(スワップポイントと変動率は、私が使っているSBI証券のデータです)

トルコリラは赤字の項目が気になってリスキーなので除外。残った2通貨からより安全そうなメキシコペソを選びました。スワップポイントは低いですが、初心者ですし長期運用前提の安全重視で。

SBI証券の場合、メキシコペソ円のスプレッドが3.8、10万通貨でエントリーしましたので-3,800円からのスタートです。

で、今週終了時点での結果はこちら。
swap

スワップポイントは水曜270、木曜90、金曜90で合計450。

あまり気にしても仕方ないですが、為替レートもいい具合に上昇してスプレッド分を取り戻してプラ転しました。なんだかんだ言っても、プラスだとやっぱり嬉しいですね。

今後は基本的に放ったらかしの運用にして、レートが下がってきたら買い増しも視野に入れていきたいと思います。


FXダイレクトプラス


★応援をお願いいたします!

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ




box_trading at 04:52|PermalinkComments(0)