3/2週 裁量トレード振り返り


まずは一週間のトレードの振り返りから。トレード回数は2回。

  pips 損益(円)
GBPAUD 13.39,440
USDCAD 0.61,434
合計 13.9 10,874


3週間連続で週トータルプラスを達成できました。勝ち続けることは非常に難しいので、これを継続できていることは自分にとって大きな意味をもっています。

来週もプラスで終えられれば一ヶ月継続になるので、なんとしても達成したいと思います。

個別のトレードに目を向けると、ルールどおりにエントリーするのは当然としても、エントリー条件を満たしているのに躊躇してエントリーできないことが多かったです。いわゆるタジタジ病。



点でのエントリーの是非


タジタジ病について下記のようなツイートをしました。


自分の場合、「点」のエントリーにこだわってます。ここしか無い最高のエントリーポイントでエントリーすることです。ポジションを持ったらすぐに順行、思い通りに伸びないなら損切りラインに到達していなくても撤退。

上位足の環境認識をしてその流れに乗るようにしているものの、エントリー後は短期的視点しか持っていません。次の瞬間に伸びるか伸びないか。これがタジタジ病の原因だと分析しました。

要するに、すぐに伸びるように見えないポイントでは、たとえ上位足の流れに乗っていても躊躇して乗れないわけです。



長期的視点でものを見る


収支に関しては長期的に見ていて週プラスにすることが目標、一回一回のトレード結果はさほど重要視していません。ですので、駄目なときはすぐさま損切りします。一方でトレードの内容に関しては視点が超短期になっています。

これが悪かと言うとそうでもなく、ストレスの少ないトレードができますし、損切り幅も小さくできるというメリットがあります。

いまのジャスピンエントリーへのこだわりを捨てるつもりはありませんが、上位足の状態がよっぽどいい場面においては、上位足のパワーを信じて長い目でエントリー後の状況を見守るようにしてもいいかもしれません。

少し不安に思えるポイントではロットを落として乗ってみる等、試行錯誤してみようと思います。






★応援宜しくお願いいたします!

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ