今週の裁量トレードの結果は、1勝0敗 +44,400円でした。

  pips 損益(円)
GBPJPY 14.844,400
合計 14.8 44,400



GBPJPY トレード振り返り


GBPJPYH1

ダブルトップのネックラインからの戻り売り。直近の安値もブレイクしたので良いポイントだと思ってエントリーしました。

ただし、20MAからの乖離が少し大きめだったので、エントリー後の1時間は足踏み。足が変わってストンと一気に落ちました。利確は直近安値。

エントリーしたときのチャートはこちら。
GBPJPY_20200226_190000


このあと金曜日までポンド円は500pips下落しつづけたのですが、ポジション保有中に押し戻りを見るのが好きではないので、いいところで利確できたと思ってます。目線も合っていたので満足です。



パニック相場


今週の相場がパニック相場だと言えるのかどうか分かりませんが、ツイッターを見ていてもボラティリティの大きな相場で過熱気味でした。

こういうポイントで手を出すのは怖いので、木曜にポンド円のエントリーチャンスを見送ってからは静観。大きく動く前から仕込んでいたならいいのですが、途中から大盛り上がりを見せているバンドワゴンに乗るのは自重しました。

今週が終わって、退場された方も多かったようですね。ドル円で言えば、根拠なく底と見なして安易にロングポジションを持ち、踏まれてナンピンして死亡といった感じでしょうか。

自分は無傷でしたが、他人の失敗から損切りの重要性を改めて理解しました。

自分がやるべきことをやっていて、やらざるべきことをやらなければ、余程のことがない限り退場という事態にはならないと思います。来週以降も淡々と為すべきことを為すだけです。



まとめ


学んだことは以下の2点。
  • エントリー時はMAとの乖離を改めて意識する
  • 損切りはやっぱり超重要

とにかくコロナウイルスの感染拡大が早く収束してもらいたいです。パニックや危機的状況になると人間の醜い本性がむき出しになりますし、その姿を見てこの世界に絶望したのは過去に一度や二度ではなくもうウンザリです。






★応援宜しくお願いいたします!

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ