通貨ペアごとに2019年のボラティリティ(時間毎)を集計しました。

同様のデータを公開している証券会社もありますが、縦軸が変動率になっていて分かりにくいので、縦軸をpipsにしてあります。集計方法は下記のとおりです。

  • 実際の1時間足チャートで、ローソク足の高値と安値を集計
  • 時間毎の一年分の平均と標準偏差を計算
  • 面倒なのでサマータイムは無視しています。(サマータイム中は一時間ずれている)
だいたいの傾向は見られると思いますが、あくまで参考値として捉えてください。


EURUSD(ユーロドル)


EURUSD

  • よく動く傾向にあるのは欧州時間とアメリカ時間
  • 平均変動幅は15~20pips


USDJPY(ドル円)


Clipboard01

  • よく動く傾向にあるのは東京時間とアメリカ時間
  • 平均変動幅は15~20pips


GBPUSD(ポンドドル)


Clipboard01

  • よく動く傾向にあるのは欧州時間とアメリカ時間
  • 平均変動幅は25~35pips


AUDUSD(オージードル)


Clipboard01

  • よく動く傾向にあるのは東京時間とアメリカ時間
  • 平均変動幅は10~15pips


USDCAD(ドルカナダ)


Clipboard01

  • よく動く傾向にあるのはアメリカ時間
  • 平均変動幅は20~25pips


USDCHF(ドルスイス)


Clipboard01

  • よく動く傾向にあるのは欧州時間とアメリカ時間
  • 平均変動幅は15~20pips


EURGBP(ユーロポンド)


Clipboard01

  • よく動く傾向にあるのは欧州時間とアメリカ時間
  • 平均変動幅は15~20pips


EURJPY(ユーロ円)


Clipboard01

  • よく動く傾向にあるのは欧州時間とアメリカ時間
  • 平均変動幅は20~25pips


GBPJPY(ポンド円)


Clipboard01

  • よく動く傾向にあるのは欧州時間とアメリカ時間
  • 平均変動幅は30~40pips


まとめ

私は夕方仕事をしている欧州時間と、仕事から帰宅中のアメリカ時間で主にトレードしています。グラフを見た感じは自分の感触どおりですね。

毎日だいたいAM3:00頃までチャートを見ながら検証していますが、日本時間の日付が変わったあとはボラティリティも低下傾向なので、早く寝たほうがいいのかも。






★応援宜しくお願いいたします!

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ